«前月 最新 翌月» 追記

F A K E . T O P A Z

2004|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|05|06|07|09|10|11|
2007|01|02|08|09|11|12|
2008|02|03|05|06|07|08|
2009|01|02|03|04|

2005-12-14 [水] 性格を直すのは難しい [長年日記]

_ [日記]久々

元々不精者でして、よくもここまで更新が続いていたなあと

今振り返ってみて思うのですよ。

更新しないのは楽です。何かから解放された気分。

でもでもね。また続けようと、ちょっとだけ思ったですよ。

まずはたまりにたまったニュース更新でも。

_ [2ch]VIP STAR

ホンモノソックリさんによるPOPSTAR替え歌。

歌い手のkobaryuさんのサイトにある、物マネに対する考え方はなるほどと思いました。

_ [サイト]アナゴさん声集

アナゴさん(と奥さん)の声がいっぱい。

_ [サイト]探偵ファイルスレテンプレ

探偵ファイルの裏側。

_ [サイト]ギザジュウコレクター世界ランキング

1位の方はなんと25万枚だそうで。すごい世界です。

_ [映像]Documentary On Japanese Sushi

異邦人向けのスシの食べ方レクチャー映像。

私日本人ですがスシについては詳しくなかったので大変参考になりました。

_ [画像]オジャマモン

秘密道具で何とかしてくれる!大丈夫!

_ [画像]社交ダンス

違和感ナシ。

_ [画像]美食倶楽部

雄山先生もオススメの一品達です。

_ [音楽]ナショナルのCMにBGMをつけると面白すぎる件

あのCM、異彩を放っていますよね。何だか暗〜い雰囲気で。


2005-12-16 [金] 寒い [長年日記]

_ [ゲーム]モアイの巣

曲とアナウンスがステキなゲーム。モアイを集めろ!


2005-12-19 [月] 雪国 [長年日記]

_ [日記]ここはどこなんだ。

俺は確かに旅行へは行っていないはずだ。

いつものように自室で眠った。

そして、起き、

そして外を見た。

白かった。

娯楽を与えてくれるはずのCS放送は映らなかった。

webで見たアメダスは常に「降雨」を示していた。

yahooのトップトピックスは「大寒波襲来」を報じていた。

部屋が異常に寒かった。

俺の周囲は確実におかしくなっていた。

ふむ、

これは何が起きたか確認する必要がある。

勇気を振り絞って外へ出た。

羽織るは買ったばかりのジャケット。

買ったばかりのジーンズに…一年間履いてきたスニーカー。

手袋も忘れずに、あとは…幾らばかりか入った財布。

外は…

吹雪だった。

ここは愛知県名古屋市、

日本の中心(と、地元民は言う)で、

太平洋に面した東海県。

そして…今は吹雪。
雪景色

一体ここはどこなんだ。本当に和やか。

…ではなかった、本当に名古屋か。

大変なことになっているようだ。調査しに行かねばなるまい。

轍が深い。今日ばかりは自転車は無理か。

…と。

自転車、自転車、自転車は…
アフロ

なんだこのアフロのようなサドルは。

ふと鍵穴を確認してみる。

鍵穴には水が流れ込み、凍結し、鍵が入らなくなっていた。

…刺客の仕業か。

そう、確かに刺客の仕業であった。

盟友MAMETA氏が毎年のように「命を狙われている」と恐れ、

慄いていた存在。

…冬将軍の仕業だった。

今年の冬将軍は手ごわいぞ。

俺は遠くの友人に念を飛ばした。

仕方なく徒歩で調査に向かう。
埋まる靴

スニーカーはその全てが埋まった。

防水機能など役に立ちはしなかった。

なぜなら、靴の上からさも当然のように、

雪が入り込んでくるからだ。

俺は長靴を持っていないことを後悔した。

外はなるほど、さながら別世界のようであった。
木々

木々は頭を垂れ、

踏み場なし

歩道橋はどこを歩いていいかわからず、

駐輪場

駐輪場は何が置いてあるのか判別できなくなっていた。

title8

暖をとっているのか、

官憲の姿は見当たらなかった。

…と、これはいつものことであった。

倒れる人

人が埋まっていた。(この人物は、のちに俺の捏造であることが判明した)。

玄関

春には花見でにぎわう公園も、今は別の顔を見せていた。

幽玄…という言葉が似合うだろうか。

能楽堂

吹雪く。ひたすら吹雪く。

ここは名古屋のはずだ。

マンホール

しかし、マンホールだけは雪が積もっていなかった。

気づけば家を出発して2時間が経過していた。

さすがに冷えてきた。

そんな俺が目指すは、暖かい食材。

肉まんが妥当なところだろう。

おでんもいい。卵、大根、厚揚げ…。

想像すると余計に寒く感じてくるから不思議だ。

俺は足を速め、コンビニに駆け込んだ。

あなたとコンビに

外にはサンタクロースの人形。

雪ダルマ

サンタクロースの足元には雪ダルマがいて、俺を迎えてくれた。

「寒かったでしょう、どうぞどうぞ、いらっしゃいませ。入るだけならタダですよ。気楽にお立ち寄りください。」

店に入った俺は愕然とした。

相好を崩しかけた顔が硬直していく。

その店には肉まんも、おでんもなかった。

一般的に「ホットスナック」と呼ばれるものは一切用意されていなかった。

「これはどういうことですか」

「どういうことですかとはどういうことですか」

「なぜ暖かい食べ物がないのですか」

「なぜといわれましても、ないものはないのです」

「ないということがありえますか。外をご覧なさい」

「外は雪ですね」

「わかってるではないですか。雪の中を歩くのは大変寒いものです。

寒い時には暖かいものが必要です。それがわかっていてなぜ―――」

「なぜならば」

「なぜならば?」

「なぜならば…ここが名古屋だからです。あなたもおわかりでしょう、

このような大雪、誰が想像したでしょうか」

「それはうっかりしていました。確かにあなたの言うとおりです」

「そのかわり、私はあなたにもっとよい食べ物を紹介できますよ」

「ほう、もっとよい食べ物ですか。して、それは…」

「それはですね…」

大福

雪を見ながら食すために開発された、「雪見だいふく」。

ロッテの陰謀

まるで雪のような食感、「さら雪」。

俺は公園でそれらを食べ、そして帰宅した。

すぐさま着替え、早々に炬燵へともぐり込んだ。

今日はここで眠ることにしよう。

なに、

明日になれば、全てが元に戻っている。

全てが…。

そうつぶやきながら、

俺は目を閉じた。